作成者別アーカイブ: KHe7

UEC Advent Calendar 2015 6日目

記事を書くきっかけがありません、けいなです。

本記事はUEC Advent Calendar 2015の6日目の記事です。

以前の記事でも取り上げていますが、UECは国立大学であり”独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律”の対象機関になります。前回の請求において、関連するページの記述が豊かになり、異議申し立ての手続き中に関連する大学機関のウェブサイトの更新が止まっていたなどの愉快な事案もありましたが、修士も2年にして大学に対する2度目の情報公開請求に踏み切って得た資料の話を簡単にまとめます。今回行った情報公開請求は2件ありますが、今回はそのうちの1件について簡単な概要の説明と資料の提供を行います。

今回の請求は2010年から2014年に開講された全科目の成績分布が分かる資料を対象として請求し、会議資料の一部を文書として特定し開示を実施してもらいました。
請求・決定に関する資料を準備するのを忘れたため、本項目については後日更新します。

得られた資料は次の画像のような表になります。評定平均の昇順で並べられた表と同一科目名で複数開講がある場合、科目名・評定平均の順に昇順に並べたものです。本画像は評定平均の昇順の1例です。
2010_02
科目名については、単一クラスでの開講しかないものについては運営に支障をきたすとのことで不開示情報とされてしまっています。また、時間割コード・教員名・受講人数についても不開示となっています。これについて、私は北海道大学の実施例成績分布WEB公開システム(成績評価分布状況表) – 北海道大学(記事執筆時点でエラーが発生している)及び東北大学の実施例成績分布図 – 東北大学全学教育(学内限定公開)からして開示するべき情報と考えていますが、前回の開示請求に際して勝ちきれなかったためこのような範囲での開示になっています。

しかし、部分不開示による開示の実施に際して、科目名については他の不開示部分と異なり何故か一定の長さによる情報の削除となっていません。学務情報システムから得た科目リストとのなんらかの方法において突き合わせを行うことで一定の判別が可能と考えていますが、手法について検討する余裕のなさとモチベーションの低下から実行に移していません。

ここでは、本開示請求において得られた資料をテキストファイルにまとめたものを公開します。素のPDFの公開については注意文書を受け取りましたのでデータのみの公開とします。
2010a
2010b
2011a
2011b
2012
2013
2014

本テキストファイルは先の画像の情報を年度・学期別にタブ区切りのCSVとして収めています。また、科目名が黒塗りとなっているものについては科目名を”_”とした上で黒塗りの長さについての情報を各行の末尾に加えてあります。

本資料をひとつのコンテンツとしてお楽しみください。また、科目名の突き合わせによる復元・受講人数の推定について検討を行ってまとめてくれる人を募集しています。

情報開示請求の結果について

連投になります、けいなです。

遥か昔に行った情報開示請求について、2013年4月14日のDentoo.LT#3で経過を、2014年1月12日のDentoo.LT#6で結果を報告していました。
その結果得られた資料については、その場における説明で取り上げた程度で、細かい話や具体的案内容について記述することをしていなかったと思います。
身近な方々に対しては何度と無く同じ話を繰り返していまして、大変ご迷惑をおかけてしているかと思いますが、この場においても取り上げておきたいと思います。

今回の開示請求によって得られた資料はA4用紙4枚の次の資料になります。スキャンしたものをPDFの形式で提供します。
grade.pdf
本資料に含まれるOCRによる文字情報については、多数の誤検出が含まれています。

また、同資料のOCRを元に誤検出の除去と数値の訂正を行ったテキストファイルも合わせて提供します。
grade.txt

本開示請求の内容並びに経過やその個人的解釈については、過去の記事やスライド、発表動画などを参照していただければと思います。
疑問・質問についてはTwitterでの対応とさせていただければと思います。

以上です。

Dentoo.LT#11

陳腐化する前に話をしておこうと思いましたが、あまり面白いものではなかったので枠の無駄遣い感がありました、けいなです。

今回も、Dentoo.LTで話してきた内容についてです。
細かい話はYouTubeのDentoo.LTチャンネルDentoo.LT#11とスライドslideshareSpeaker Deckに譲ります。

トラック泊地の開放初日に着任してから延々とやり続けている廃人提督ですが、あれこれと自分で管理するのが面倒になって専ブラ・支援ツールに手を出しています。(先日問題になった)Chrome拡張を利用していた時期もありましたが、最終的に記録魔な性分とWin・Macで運用できることを理由に航海日誌を使っています。

航海日誌が吐き出した次の資材ログを良い感じに表示する試みの話でした。
Boot CampのWindowsで取っていたログもありますが、(おそらく)マージしてません。

% nkf log | head -2
日付,燃料,弾薬,鋼材,ボーキ,高速修復材,高速建造材,開発資材
2014-04-03 06:26:37,33674,52280,52628,42649,360,599,522
% nkf log | tail -2
2015-05-10 13:56:56,221603,255400,234321,298388,2556,1902,1769
2015-05-10 14:02:13,221433,255064,234371,298278,2556,1903,1769
% wc -l log
   15043 log
% du -hs log
928K	log

主に用いるのは話した通りGnuplotです。
Makefileに利用するスクリプトと変数の内容を起こすように記述して、ある程度適当に使えるようにしています。

Makefileには、イベント攻略の資源推移のプロット用、全期間のプロット用などの派生をいくつか作成していますが、抜粋で済ませます。
ファイル名、期間をdateコマンド及びgdateコマンドで設定しています(使い分けに特に理由はありません。調べてすぐ出てきた方を使いました)。

FILE= $(shell date "+%Y.%m.%d-%H%M%S")
OLD = $(shell gdate -d '2 months ago 1 days' +%Y-%m-%d)
OLDE= $(shell echo "2015-04-28 23:00:00")
NOW = $(shell gdate -d '1 days' +%Y-%m-%d)
NOWE= $(shell echo "2015-05-03 03:00:00")
allh : /Users/KHe7/Application/macosx-x64/資材ログ.csv
	make svgh
	rsvg-convert -f png -o "$(FILE).png" "$(FILE).svg"
	rsvg-convert -f pdf -o "$(FILE).pdf" "$(FILE).svg"
alle : /Users/KHe7/Application/macosx-x64/資材ログ.csv
	make svge
	rsvg-convert -f png -o "$(FILE).png" "$(FILE).svg"
	rsvg-convert -f pdf -o "$(FILE).pdf" "$(FILE).svg"
svgh : /Users/KHe7/Application/macosx-x64/資材ログ.csv
	cp /Users/KHe7/Application/macosx-x64/資材ログ.csv ./log
	gnuplot -e "file='$(FILE)';old='$(OLD)';now='$(NOW)'" ploth
svge : /Users/KHe7/Application/macosx-x64/資材ログ.csv
	cp /Users/KHe7/Application/macosx-x64/資材ログ.csv ./log
	gnuplot -e "file='$(FILE)';old='$(OLDE)';now='$(NOWE)'" plote

Gnuplotスクリプトの方では、”-e”オプションで受け取った変数を用いて出力ファイル名、x軸の期間を設定します。
また、SVGやPNGは何も設定しないと透過してしまうので、背景に白色を設定しています。
x軸に期間を設定するのに”set xdata time”と”set timefmt “%Y-%m-%d %H:%M:%S””を用いています。
色については各資源・資材の自分のイメージで決めました。組み込みに近い色があればそれに、なければ適当に数値で入れています。

set datafile separator ","
set terminal svg size 2880,1620 font "ヒラギノ明朝 Pro W3.otf,24"
set output file.".svg"
set object 1 rectangle from screen 0,0 to screen 1,1 fillcolor rgb"#ffffff" behind
set key left bottom
set xdata time
set format x "%Y.%m.%d"
set timefmt "%Y-%m-%d %H:%M:%S"
set xrange [old." 00:00:00":now." 00:00:00"]
set ytics nomirror
set y2tics
set grid xtics mxtics ytics
set yrange [250000:300000]
set y2range [1500:3000]
plot "log" using 1:2 w l lw 2 lc rgb "forest-green" title "燃料",\
     "log" using 1:3 w l lw 2 lc rgb "#8d6a47" title "弾薬",\
     "log" using 1:4 w l lw 2 lc rgb "gray60" title "鋼材",\
     "log" using 1:5 w l lw 2 lc rgb "sandybrown" title "ボーキサイト",\
     "log" using 1:6 w l lw 2 lc rgb "#aae272" title "高速修復材" axes x1y2,\
     "log" using 1:7 w l lw 2 lc rgb "#ff9999" title "高速建造材" axes x1y2,\
     "log" using 1:8 w l lw 2 lc rgb "light-blue" title "開発資材" axes x1y2

出力結果を2例示しておきます。
ひとつは全期間のログを用いたものです。
2015.05.10-232138
もうひとつは今回のイベント期間についてのものです。
2015.05.10-232132

よく考えるとこのどちらも上に示したMakefikeやGnuplotスクリプトで生成したものではないですが…余り変わらないので良しとしておきます。
前者はxrangeの設定を外してyrangeを[0:300000]、y2rangeを[0:3000]に設定しました。後者はxrangeをOLDE、NOEWで渡し、yrangeおよびy2rangeの設定を外した上で各期間に対応するような垂線を引き、凡例の位置を微調整しました。

ここまであれこれやったものの、あまり見栄えがしないので良い感じのビジュアライザを探したい気がしてきています。

次回は個人的な制作物のお話か、各種機関に対して行ったお問い合わせについて書きたいと思っているので、下調べと実行に取り掛かるつもりでいます。

Dentoo.LT#10

けいなです。

理由が出来たので投稿するという状態です。静的に置き換えることさえしてません。
Dentoo.LTが回数を重ねている間ネタがないと思い続けていたのですが、よくよく考えれば何かと話す材料があった、という話です。

細かい話はYouTubeのDentoo.LTチャンネルDentoo.LTにある動画Dentoo.LT#10とスライドslideshareSpeaker Deckを参照していただければと思いますが、初海外+単独渡航という状況下で学会に行かされるに辺って準備したモバイル通信環境とWindows 8.1におけるモバイル通信利用の話となっています。

発表後にVisitor SIMという知見を得たのですが日本通信に邪魔されて調べ物が捗りません。
Ready SIMとAT&T GoPhoneについてはプリペイドという扱いのため、これも含まれる…ように感じますが、真面目に英文でアメリカのSIM事情を追いかけるには事後ということもありやる気が出ません。

2年半選手のSC-01Dを置き換えたいと思いつつ、標準サイズのSIMで通信を流しているために代えがたいという状況で悩ましいのですが、いい加減に次の請求を行おうと思います。
何らかの成果が出ましたらこの場かTwitterなどで報告をさせていただきます。

ではまたいつの日にか。

P.S.
DentooLT#6の記事書いてないことに気付きましたがそれはもうスライドで見てください。

UEC AC 9th

放置されていた場所で、けいなです。
ここも静的な形に置き換えたいですね。全く作業してませんが。

調子に乗って参加したら書くこともないわけですが、
諦めて課程について、特に教職課程についての話をします。

ご存知の通り、電気通信大学には教員養成課程が設置されています。
学科によって異なりますが、数学・情報・理科の免許の取得が可能です。
必要単位数等は文部科学省に申請の上で作成された手引に従います。

簡単に説明すると、教職論や教育心理学などの教職に関する科目を一定数、数学・情報・理科などに関する学科の専門科目を教科に関する科目として一定数の単位をそれぞれ取得した上で、中学校教諭の免許を取得する場合には特別支援学校と福祉施設での体験実習、教育実習を行うと、申請の上で免許状を取得する事ができます。

ここに、修士の学位を基礎資格とする専修免許状というものがあります。
一種免許状の要件に加えて、大学院で教科または教職に関する科目などの単位を24単位取得すると申請の後取得することが出来ます。

I専攻では、高等学校数学科および高等学校情報科について専修免許状が取得できる訳です。
何を思ったかその両方を取ろうと考えたわけですが、ここに茨の道が待っていました。

電気通信大学は教育大学ではないため、教職に関する科目が最低限しかありません。
大学院課程で行われている科目では、今年度から始まった教育学特論のひとつのみです。
ここで、専修免許状は1科目24単位という要件と重なり、2枚の免許取得のために25科目+1科目の履修が必要となります。

この結果、先行履修していた3科目に加えて、
修了に必要な大学院技術英語とインターンシップを忘れていたがために知的財産権特論を取り、
前期では9科目、後期の今では11科目を履修することとなりました。
また、前期に12コースと34コースで時間割を重ねれてしまって取ることが出来なかった科目
後期に先生の海外出張に伴って今年度開講しない科目があった影響で、
来年度前後期に1科目ずつの履修が必要となる予定です。

レポートの山と講義に押されて進捗が作れない大学院生ってどうなのでしょうか、という残念な人の報告でした。